トップ>柔道整復師国家試験過去問>第6回 1998年 午前
 

【午前】

問1:協力筋の組合せで正しいのはどれか
@上腕二頭筋―上腕三頭筋
A腸腰筋―大殿筋
B半腱様筋―半膜様筋
C前脛骨筋―下腿三頭筋
答えB

問2:神経分泌物質を放出する器官はどれか
@下垂体前葉
A下垂体後葉
B副腎皮質
C甲状腺
答えA

問3:触診できない動脈はどれか
@外腸骨動脈
A総頸動脈
B浅側頭動脈
C橈骨動脈
答え@

問4:関節内靭帯はどれか
@腸骨大腿靱帯
A恥骨大腿靱帯
B坐骨大腿靱帯
C大腿骨頭靱帯
答えC

問5:手根管を通過しない腱はどれか
@浅指屈筋腱
A深指屈筋腱
B橈側手根屈筋腱
C長母指屈筋腱
答えB

問6:クッペルの星細胞が存在する器官はどれか
@肺臓
A脾臓
B膵臓
C肝臓
答えC

問7:後頭隆起を形成する軟骨はどれか
@甲状軟骨
A披裂軟骨
B輪状軟骨
C喉頭蓋軟骨
答え@

問8:尿管の狭窄部でないのはどれか
@尿管の起始部
A総腸骨動脈との交叉部
B精巣動脈との交叉部
C膀胱への移行部
答えB

問9:子宮について誤っているのはどれか
@中腔性の器官である
A子宮底に卵管が開口する
B粘膜の基底層が脱落する
C筋層は3層からなる
答えB

問10:脳砂が沈着する器官はどれか
@下垂体
A松果体
B甲状腺
C上皮小体
答えA

問11:前頭葉にある中枢はどれか
@聴覚中枢
A視覚中枢
B体性感覚中枢
C運動性言語中枢
答えC

問12:仙骨神経叢から出る神経はどれか
@閉鎖神経
A坐骨神経
B大腿神経
C陰部大腿神経
答えA

問13:聴覚に関与する器官はどれか
@蝸牛管
A卵形嚢
B球形嚢
C膜半規管
答え@

問14:正しい組合せはどれか
@食道―重層扁平上皮
A小腸―単層扁平上皮
B気管―移行上皮
C膀胱―多列円柱上皮
答え@

問15:関節半月をもつ関節はどれか
@肩鎖関節
A橈骨手根関節
B膝関節
C顎関節
答えB

問16:上大静脈と下大静脈とを連絡するのはどれか
@門脈
A奇静脈
B腕頭静脈
C浅腹壁静脈
答えA

問17:触診できるのはどれか
@橈骨粗面
A尺骨粗面
B殿筋粗面
C脛骨粗面
答えC

問18:骨とその部位との組合せで正しいのはどれか
@上腕骨―大転子
A尺骨―鈎状突起
B腸骨―閉鎖孔
C腓骨―茎状突起
答えA

問19:筋とその停止との組合せで正しいのはどれか
@大腰筋―大腿骨大転子
A中殿筋―大腿骨小転子
B大腿四頭筋―脛骨内側顆
C大腿二頭筋―腓骨頭
答えC

問20:筋とその支配神経との組合せで正しいのはどれか
@三角筋―筋皮神経
A上腕三頭筋―尺骨神経
B浅指屈筋―正中神経
C母指内転筋―橈骨神経
答えB

問21:細胞内消化に関係するのはどれか
@ライソソーム
A中心小体
Bゴルジ装置
C小胞体
答え@

問22:大動脈とその枝との組合せで正しいのはどれか
@上行大動脈―冠状動脈
A大動脈弓―肋間動脈
B胸大動脈―鎖骨下動脈
C腹大動脈―食道動脈
答え@

問23:結腸に存在するのはどれか
@輪状ヒダ
A腸絨毛
Bバイエル板
C腹膜垂
答えC

問24:左右両側に分かれていない扁桃はどれか
@咽頭扁桃
A口蓋扁桃
B舌扁桃
C耳管扁桃
答え@

問25:前立腺について正しいのはどれか
@内分泌腺である
A尿道球腺に接する
B膀胱の下に接する
C腹膜に覆われている
答えB

問26:正しいのはどれか
@上皮小体は甲状腺の前面にある
A下垂体はトルコ鞍にある
B副腎は腎臓の下に接している
C松果体は第4脳室に面している
答えA

問27:斜角筋隙を通過するのはどれか
@頸神経叢
A腕神経叢
B腰神経叢
C仙骨神経叢
答えA

問28:筋とその起始との組合せで正しいのはどれか
@上腕二頭筋短頭―肩甲骨烏口突起
A上腕三頭筋長頭―肩甲骨関節上結節
B長掌筋―上腕骨外側上顆
C指伸筋―上腕骨内側上顆
答え@

問29:外胚葉から発生する組織はどれか
@脂肪組織
A軟骨組織
B筋組織
C神経組織
答えC

問30:体表から触れるのはどれか
@乳様突起
A肋骨頭
B岬角
C翼状突起
答え@

問31:拡散で起こるのはどれか
@毛細血管壁の水の移動
A肺胞気と血液とのガス交換
B腎小体におけるろ過
C細胞のナトリウムポンプ
答えA

問32:血液凝固に関与しないのはどれか
@ビタミンA
Aヘパリン
Bプロトロンビン
Cカルシウムイオン
答え@

問33:吸収期のエネルギーの有効利用に関与するのはどれか
@インスリン
Aアドレナリン
Bグルカゴン
C甲状腺ホルモン
答え@

問34:署熱順化について誤っているのはどれか
@発汗量増大
A皮膚血流量増大
B代謝量低下
C皮膚脂肪増大
答えC

問35:尿中に含まれないのはどれか
@尿素
Aクレアチン
B尿酸
Cクレアチニン
答えA

問36:ストレス反応について誤っているのはどれか
@アドレナリン分泌亢進
Aアルドステロン分泌亢進
Bコルチコステロン分泌亢進
Cインスリン分泌亢進
答えC

問37:交感神経性反射でないのはどれか
@排便
A発汗
B瞳孔散大
C立毛
答え@

問38:睡眠時低下しないのはどれか
@筋緊張
A成長ホルモン分泌
B反射活動
C血圧
答えA

問39:排卵期に増加するホルモンはどれか
@プロゲステロン
Aテストステロン
Bエストロゲン
Cオキシトシン
答えB

問40:網膜の視細胞に含まれるのはどれか
@ペプシン
Aロドプシン
Bトリプシン
Cチロキシン
答えA

問41:骨格筋について誤っているのはどれか
@筋紡錘
A運動神経支配
B自動性
C横紋構造
答えB

問42:血液の酸素分圧の低下を感受するのはどれか
@頸動脈洞
A心房壁
B大動脈弓
C頸動脈小体
答えC

問43:ステロイドホルモンの前駆物質となるのはどれか
@グロブリン
Aコレステロール
Bガラクトース
Cグリセリド
答えA

問44:誤っている組合せはどれか
@延髄―嚥下中枢
A中脳―縮瞳中枢
B視床下部―循環中枢
C橋―呼吸調節中枢
答えB

問45:体液浸透圧の調節に関与しないのはどれか
@大動脈体
A下垂体後葉
B腎集合管
C視床下部
答え@

問46:誤っている組合せはどれか
@血液型―Rh因子
A血液凝固―プラスミン
B液性免疫―γ‐グロブリン
Cガス運搬―ヘモグロビン
答えA

問47:心電図に関して過ている組合せはどれか
@PR間隔―房室間興奮伝導時間
AT波―心室興奮の回復
BQRS幅―心室全体に興奮が広がる時間
CP波―心房興奮の回復
答えC

問48:正しいのはどれか
@肺胞換気量は1回換気量と残気量の差に等しい
A大気圧は胸膜腔内圧より高い
B吸息運動のとき外肋間筋は収縮する
C気管支喘息では時間肺活量が変わらない
答えB

問49:誤っているのはどれか
@VIPは胃液分泌を促進する
Aセクレチンは膵液分泌を促進する
Bコレシストキニンは胆嚢収縮を促進する
Cガストリンは胃の運動を促進する
答え@

問50:骨の形成に関与しないのはどれか
@コラーゲンの合成
A外力の作用
B無機質の沈着
CビタミンB群の作用
答えC

問51:副腎髄質ホルモンの作用について誤っているのはどれか
@血圧上昇による抑制
A熱産生増加
B交感神経抑制
C肝グリコーゲン分解促進
答えB

問52:神経の興奮伝導について正しいのはどれか
@活動電位は一方向へ伝導する
A活動電位は減弱する
B活動電位は隣接する軸索に乗り移る
C活動電位は軸索の太さに比例する
答えC

問53:横紋筋収縮時について誤っているのはどれか
@ATPの分解
Aアクチンとミオシンとの結合
BA帯の幅の変化
Cトロポ二ンとカルシウムイオンとの結合
答えB

問54:近くの物体を見る場合について誤っているのはどれか
@焦点距離の短縮
A角膜の曲率の変化
B毛様体筋の収縮
C水晶体の厚みの増加
答えA

問55:性周期について誤っているのはどれか
@排卵の直前にプロゲステロン血中濃度が最高になる
A卵巣周期の黄体期は月経周期の分泌期に対応する
B卵胞期では卵胞刺激ホルモンの血中濃度が高い
C基礎体温は卵胞期よりも黄体期の方が高い
答え@

問56:足の内がえし作用がないのはどれか
@足の母指外転筋
A足の長母指屈筋
B足の長指屈筋
C前脛骨筋
答え@

問57:神経筋接合部の伝達物質はどれか
@ノルアドレナリン
Aドーパミン
Bセロトニン
Cアセチルコリン
答えC

問58:歩行について正しいのはどれか
@立脚相は加速期と減速期とがある
A歩行率は1分当りの歩数で表す
B重複歩は一歩行周期である
C立脚相と遊脚相との比は1対1である
答えAB

問59:手の内在筋でないのはどれか
@短母指屈筋
A短母指伸筋
B短母指外転筋
C母指内転筋
答えA

問60:二関節筋でないのはどれか
@薄筋
A長内転筋
B縫工筋
C大腿筋膜張筋
答えA

問61:前骨間神経の支配を受けるのはどれか
@方形回内筋
A円回内筋
B長掌筋
C浅指屈筋
答え@

問62:抗重力筋でないのはどれか
@脊柱起立筋
A梨状筋
B大腿四頭筋
Cヒラメ筋
答えA

問63:運動の第2法則について誤っているのはどれか
@加速度は力の働く方向と同一方向に働く
A加速度は力の強さに正比例する
B加速度は物体の質量に反比例する
C加速度は物体の慣性によって生じる
答えC

問64:最大運動負荷に対するトレーニングの結果で誤っているのはどれか
@酸素摂取量の増加
A血中乳酸濃度の増加
B心拍数の増加
C分時換気量の増加
答えA

問65:膝について誤っているのはどれか
@膝には屈曲、伸展および回旋運動がある
A大腿骨の外側顆は内側顆より大きい
B外側半月は外側側副靭帯と結合している
C内側半月はC字状である
答えB

問66:二重体でないのはどれか
@一卵性双生児
A寄生体
B紙様胎児
C真性半陰陽
答えC

問67:放射線について正しいのはどれか
@エックス線は粒子線である
A骨髄は感受性が高い
B白血病の原因となる
C低増殖能の組織が強く障害される
答えAB

問68:ウイルス性疾患はどれか
@水痘
Aコレラ
Bペスト
C破傷風
答え@

問69:早期胃癌について誤っているのはどれか
@癌の深さが粘膜下層にとどまる
A内視鏡所見ではボルマン分類を用いる
Bリンパ節転移の有無は問わない
C5年生存率は90%以上である
答えA

問70:細胞性免疫に関係しない細胞はどれか
@Bリンパ球
Aマクロファージ
BヘルパーTリンパ球
CサプレッサーTリンパ球
答え@

問71:進行性筋ジストロフィーの仮性肥大で正しいのはどれか
@筋組織の増加
A脂肪組織の増加
B線維組織の増加
C神経組織の増加
答えA

問72:炎症について誤っているのはどれか
@カタル性炎では粘膜からの分泌が亢進する
A線維素性炎では線維素が析出する
B化膿性炎は細菌の感染による
C蜂窩織炎は腐敗菌の感染による
答えC

問73:結核について正しいのはどれか
@化膿性炎
A出血性炎
B肉芽腫性炎
C漿液性炎
答えB

問74:誤っている組合せはどれか
@有機水銀―水俣病
Aヒ素―四日市喘息
Bカドミウム―イタイイタイ病
Cキノホルム―スモン病
答えA

問75:壊血病に関係するのはどれか
@ビタミンA
AビタミンB1
BビタミンC
CビタミンD
答えB

問76:第V度熱傷はどれか
@真皮血管拡張
A水疱形成
B紅斑
C潰瘍形成
答えC

問77:癌の全身への影響で誤っているのはどれか
@尿崩症
A悪液質
B感染
C発熱
答え@

問78:出血について誤っているのはどれか
@動脈性は鮮紅色である
A静脈性は動脈性に比較して緩徐である
Bタール便は上部消化管出血を意味する
C肺からの出血は吐血である
答えC

問79:疫学の内容について誤っているのはどれか
@環境の要因
A予防接種
B予防対策の樹立
C健康状態
答えA

問80:衛生統計指標で正しいのはどれか
@罹患率はある時点を定めて調査する
A平均寿命は地域では求めない
B乳児死亡率は母子保健水準を示さない
C有病率は静態統計である
答えC

問81:母子保健について誤っているのはどれか
@風疹罹患は奇型の原因となる
A周産期死亡は生後1か月未満の死亡を含む
B死産の原因として最も多いのは妊娠中毒症である
C生下時体重2,500g以下の者を低体重児という
答えA

問82:職業病について誤っているのはどれか
@じん肺は珪肺が多い
A高圧環境は潜函病の原因となる
B騒音による張力障害は低音域からはじまる
C振動は白ろう病の原因となる
答えB

問83:食中毒の原因として誤っているのはどれか
@腸炎ビブリオ
A赤痢菌
BPCB
Cテトロドトキシン
答えなし(A)

問84:水道法による水質基準で検出されてはならないのはどれか
@大腸菌
A六価クロム
B水銀
Cシアン
答え@

問85:感染性廃棄物の処理について正しいのはどれか
@包装すれば一般廃棄物と一緒に処理してよい
A自家の焼却炉で焼却していはいけない
B専門の処理業者に委託してはいけない
Cオートクレープで滅菌したガーゼは一般廃棄物と一緒に処理してよい
答えC

問86:大気汚染に係る国の環境基準値が定められていない物質はどれか
@二酸化いおう
A二酸化窒素
B二酸化炭素
C一酸化炭素
答えB

問87:住民からの公害に関する苦情件数で最も多いのはどれか
@騒音・振動
A水質汚濁
B大気汚染
C悪臭
答えB(1996年までは@)

問88:正しい組合せはどれか
@真菌―マラリア
A原虫―ヘルペス
Bリッケチア―風疹
Cスピロヘータ―梅毒
答えC

問89:予防接種法による定期予防接種の対象疾病はどれか
@インフルエンザ
A結核
B日本脳炎
C流行性耳下腺炎
答えB

問90:消毒について誤っている組合せはどれか
@井戸水―ホルマリン
A吐物―生石灰
B食器―煮沸
C寝具―日光
答え@

問91:柔道整復師として施術を行うことができないのはどれか
@免許証を失ったとき
A免許を受けた時と異なる氏名となったとき
B免許を受けた時と異なる国籍となったとき
C試験に合格し免許の申請をしたとき
答えC

問92:柔道整復師名簿の登録事項はどれか
@試験合格の年月
A業務の停止の処分
B年齢
C卒業した養成施設名
答え@A

問93:柔道整復師名簿の訂正を申請すべきときはどれか
@本籍地を他の都道府県に変更したとき
A住所を他の都道府県に変更したとき
B開設している施術所の場所を変更したとき
C結婚して改姓したとき
答え@C

問94:柔道整復師免許の取消しについて正しいのはどれか
@保健所長は免許を取り消すことができる
A免許取消しの後に再免許されることはない
B10日以内に免許証明書(免許証)を返納しなければならない
C免許取消しの前に弁明の機会が与えられる
答えC

問95:正しい組合せはどれか
@歯科診療―歯科衛生士
A薬の処方―薬剤師
B診療の補助―看護婦
C手芸、工作―理学療法士
答えB

問96:正しいのはどれか
@医師は無試験で柔道整復師の免許を取得することができる
A無報酬であればだれでも柔道整復を業として行える
B柔道整復師の免許資格は業務独占である
C無免許で柔道整復を業として行うと10万円以下の罰金に処せられる
答えB

問97:柔道整復の業務で正しいのはどれか
@骨折の患部に施術する場合の医師の同意は整形外科の医師に限られる
A脱臼の患部に施術する場合の医師の同意は書面で得ることを必要とする
B捻挫の患部に施術する場合は医師の同意を必要としない
C応急手当として止血薬を注射することができる
答えB

問98:誤っているのはどれか
@施術所を開設した者は、開設後10日以内に届け出なければならない
A施術所の開設者は、柔道整復師でなくてもよい
B施術所の開設の際の届出事項には、施術所の平面図が含まれる
C施術所の開設の届出は、柔道整復師の住所地の都道府県知事に行う
答えC

問99:施術所の名称として使用できるのはどれか
@○○接骨院
A○○柔道整復クリニック
B○○ほねつぎ科療院
C○○整骨医院
答え@

問100:柔道整復師の業務で誤っているのはどれか
@エックス線を照射した場合、診療放射線技師法違反となる
Aエックス線写真で診断した場合、医師法違反となる
B薬品の投与を行った場合、薬事法違反となる
C販売の目的で調剤した場合、薬剤師法違反となる
答えB


copyright (c) 2009 よつば整体.COM all right reserved.