トップ>柔道整復師国家試験過去問>第8回 2000年 午後
 

【午後】

問1:中心性肥満を呈するのはどれか
@クッシング症候群
Aシーハン症候群
Bマルファン症候群
Cアジソン病
答え@


問2:意識状態をあらわす用語はどれか
@せん妄
A痴呆
B抑うつ
C不安
答え@

問3:正しい組合せはどれか(2つ選べ)
@満月様顔貌―全身性エリテマトーデス
Aヘリオトロープ疹―皮膚筋炎
B仮面様顔貌―汎発性強皮症
C蝶形紅斑―慢性関節リウマチ
答えAB

問4:3歳の男児。つま先で動揺性に歩き、ふくらはぎが肥大している。
最も考えられるのはどれか
@デュシェンヌ型進行性筋ジストロフィー
A福山型先天性筋ジストロフィー
B筋緊張性ジストロフィー
C小児性皮膚筋炎
答え@

問5:聴診で誤っているのはどれか
@気胸では患側の呼吸音が減弱する
A甲状腺機能亢進症では心音は亢進する
B麻痺性イレウスではグル音は増強する
C大動脈炎症候群では血管雑音を聴取する
答えB

問6:弛張熱を認めるのはどれか
@腸チフス
A肝膿瘍
B敗血症
Cマラリア
答えAB

問7:誤っている組合せはどれか
@頻脈―バセドウ病
A徐脈―アダムス・ストークス症候群
B速脈―僧帽弁狭窄症
C交互脈―心筋症
答えB

問8:深部感覚はどれか
@温度覚
A位置覚
B触覚
C痛覚
答えA

問9:気管支喘息で誤っているのはどれか
@気道内感染で誘発される
A喘鳴を伴う呼吸困難がみられる
B吸気時に呼吸困難がみられる
C喀痰に好酸球が増加する
答えB

問10:50歳の男性。高血圧の既往あり、ヘビースモーカー。
仕事中に突然左前胸部の激しい絞扼痛が20分以上持続した。
最も考えられるのはどれか
@急性心膜炎
A急性大動脈解離
B労作狭窄症
C急性心筋梗塞
答えC

問11:正しい組合せはどれか(2つ選べ)
@ファロー四徴症―先天性疾患
A僧帽弁狭窄症―ウイルス感染
Bバージャー病―梅毒
C大動脈瘤―アテローム動脈硬化症
答え@C

問12:重症筋無力症の症状はどれか
@食事の終わりになるとむせ易い
A手を握りしめると開きづらい
B歩行で下肢痛が出現し、休むと消失する
C線維束性収縮を伴って筋萎縮がみられる
答え@

問13:60歳の男性。3年前から右手のふるえに気付く。
書字が小さくなり、最近ボタンの掛けはずしが不器用になってきた
最も考えられるのはどれか
@ハンチントン舞踏病
Aウィルソン病
Bパーキンソン病
Cバセドウ病
答えB

問14:23歳の男性。1週間前に下痢があった。
昨日から両下肢の脱力と足先にしびれ感を自覚し、
今日になって両手筋力も弱くなり歩行も不自由になった。
最も考えれるのはどれか
@多発筋炎
A脳血管障害
Bバージャー病
Cギラン・バレー症候群
答えC

問15:正しい組合せはどれか(2つ選べ)
@血友病―発熱
A特発性血小板減少性紫斑病―リンパ節腫大
B急性白血病―出血傾向
C慢性白血病―脾腫
答えBC

問16:高血圧を伴うのはどれか(2つ選べ)
@原発性アルドステロン症
A橋本病
Bアジソン病
Cクッシング症候群
答え@C

問17:誤っている組合せはどれか
@悪性貧血―ビタミンB?
A鉄欠乏性貧血―月経過多
B再生不良性貧血―放射線
C溶血性貧血―自己抗体
答え@

問18:糖尿病性腎症で尿中に増加するのはどれか
@ケトン体
A蛋白
B白血球
Cウロビリノゲン
答えA

問19:肝硬変の合併症でないのはどれか
@肝細胞癌
A消化管出血
B播種性血管内凝固症候群
C血性腹水
答えC

問20:正しい組合せはどれか
@膿尿―急性糸球体腎炎
A血尿―尿管腫瘍
B蛋白質―前立腺肥大症
C褐色尿―腎結石
答えA

問21:創傷治癒を促進させる局所的因子で正しいのはどれか
@細菌汚染
Aデブリドマン
B壊死組織
C血流障害
答えA

問22:術後感染症はどれか
@縫合糸膿瘍
Aせつ
B毛嚢炎
Cひょう疽
答え@

問23:輸液の目的で誤っているのはどれか
@臓器不全時の大量輸液
A栄養成分の補給
B膠質浸透圧の是正と維持
C水分・電解質バランスの是正と維持
答え@

問24:誤っているのはどれか
@消毒とは病原微生物を死滅させることである
A滅菌とはすべての微生物を死滅させることである
B高圧蒸気滅菌法は光学レンズの滅菌に有用である
Cプラスチック・ゴム製品はエチレンオキサイドガスで滅菌する
答えB

問25:正しいのはどれか
@腰椎麻酔は全身麻酔である
A静脈麻酔は局所麻酔である
B脊椎麻酔は胸部の手術に適している
C浸潤麻酔は感染部位では禁忌である
答えC

問26:正しいのはどれか(2つ選べ)
@救急蘇生術はまず気道を確保する
A気道異物を疑ったらまずハイムリッヒ法を行う
B頸動脈の拍動は胸鎖乳突筋の外側で触知する
C閉胸的心臓マッサージは胸骨の下1/3の部位を圧迫する
答え@C

問27:19歳の男性。バイクで転倒し頭部を強打した。
その直後、一時的な意識消失があった。
来診したときは歩いたり話したりできたが、受傷後12時間を経て意識が障害してきた。
最も考えられる損傷はどれか
@硬膜外血腫
A頭蓋底骨折
B脳挫傷
C脳内出血
答え@

問28:胸部鈍的外傷で嗄声がみられた。損傷臓器はどれか
@胸膜
A気管
B気管支
C肺
答えA

問29:最も緊急に処置を要するのはどれか
@開放性気胸
A血気胸
B緊張性気胸
C閉鎖性気胸
答えB

問30:クモ膜下出血で特徴的な初発症状はどれか
@嘔吐
A意識障害
B上肢麻痺
C頭痛
答えC

問31:膝関節で正しいのはどれか
@完全伸展時、脛骨は大腿骨に対して内旋する
A半月は外側の可動性が大きい
B前十字靱帯は完全伸展位で弛緩する
C膝蓋骨の関節面は内側が外側より大きい
答えA

問32:関節運動で誤っているのはどれか
@母指と他指とのつまみ動作を対向運動という
A肘関節の良肢位は屈曲90度である
B前腕の回旋運動を回内・回外という
C肩関節の屈曲とは後方挙上のことである
答えC

問33:誤っているのはどれか
@骨シンチグラフィは炎症と悪性腫瘍との鑑別に有用である
ACTは骨破壊の状態把握に有用である
BMRIは骨壊死の診断に有用である
C超音波検査はガングリオンの診断に有用である
答え@

問34:直達牽引でないのはどれか
@キルシュナ―鋼線牽引
Aクラッチフィールド牽引
Bグリッソン係蹄牽引
Cハロー・ペルビック牽引
答えB

問35:小児の骨折で偽関節発生頻度が高いのはどれか
@上腕骨顆上骨折
Aガレアッチ(Galeazzi)骨折
B上腕骨外顆骨折
C上腕骨遠位骨端線離開
答えB

問36:男性に多いのはどれか(2つ選べ)
@痛風
Aへバーデン結節
B変形性膝関節症
C強直性脊椎炎
答え@C

問37:軟部腫瘍で誤っているのはどれか
@脂肪腫は発生頻度が高い
Aガングリオンは類腫瘍である
B神経鞘腫のアントニーB型は悪性である
Cグロームス腫瘍は疼痛が著しい
答えB

問38:女性の骨転移癌で頻度が高いのはどれか
@肺癌
A胃癌
B子宮癌
C乳癌
答えC

問39:腰椎椎間板ヘルニアで誤っているのはどれか
@第4・5腰椎間の椎間板に好発する
A下肢伸展挙上テストが陽性である
B感覚障害が下肢および足の外側にある
C単純エックス線写真で確定診断できる
答えC

問40:正しい組合せはどれか
@へバーデン結節―指の変形性関節症
Aフォルクマン拘縮―橈骨神経麻痺
Bデュピュートレン拘縮―母指に好発
Cマーデルング変形―中年男性に好発
答え@

問41:国際障害分類で能力低下に含まれないのはどれか
@人の話を聴く
A文字を読む
B旅行をする
C服を着替える
答えB

問42:三角筋の徒手筋力テストで、座位で肘関節伸展位を保ち
徒手による抵抗がなければ肩関節を完全に屈曲できる筋力はどれか
@4(Good)
A3(Fair)
B2(Poor)
C1(Trace)
答えA

問43:関節可動域増大訓練で伸張運動を行ってもよいのはどれか
@慢性関節リウマチの活動期
A化膿性関節炎
B新鮮骨折
C痙性尖足
答えC

問44:マッサージの適応はどれか
@切断端硬結
A深部静脈血栓
B悪性腫瘍
C膿瘍
答え@

問45:疾患と体幹装具との組合せで適切でないのはどれか
@胸椎圧迫骨折―ジュウェット型
A腰痛症―ナイト型
B腰部脊柱管狭窄症―ウイリアムズ型
C脊椎分離症―ボストン型
答えC

問46:ウェルニッケ失語(感覚性失語)で誤っているのはどれか
@理解力は保たれている
A自発語は多弁である
B発語は流暢である
Cジャーゴン病がみられる
答え@

問47:疾患とその評価法との組合せで誤っているのはどれか
@パーキンソン病―ヤール分類
A脳卒中片麻痺―ブルンストローム回復段階
B脊髄損傷―スタインブロッカー分類
C慢性関節リウマチ―ランスバリー指数
答えB

問48:運動失調に対する治療法でないのはどれか
@フレンケル体操
A温熱療法
B重錘負荷
C装具療法
答えA

問49:脊髄損傷で安定した残尿量としての目標はどれか
@10ml
A50ml
B100ml
C200ml
答えA

問50:心疾患の症候限界性運動負荷試験で運動中止徴候でないのはどれか
@収縮期血圧の低下
A呼吸困難
B発汗
C筋虚血による下肢痛
答えB

問51:重複骨折はどれか

答えB

問52:骨折でリモデリングが期待できないのはどれか
@短縮転位
A側方転位
B捻転転位
C屈曲転位
答えB

問53:小児骨折で正しいのはどれか(2つ選べ)
@脱臼に比較して骨折の頻度が高い
A治癒過程で骨の過成長が起こる
B関節骨折は保存療法が原則である
C骨端軟骨損傷は成長障害の発生頻度が高い
答え@AC

問54:ソルター・ハリス(Salter & Harris)の骨端損傷分類で発生頻度が高いのはどれか

答え@

問55:骨折の二次性合併症(後遺症)でないのはどれか
@皮下気腫
A関節強直
B偽関節
C骨化性筋炎
答え@

問56:脱臼の整復障害にならないのはどれか
@ボタン穴機構
A補強靭帯の弛緩
B種子骨の嵌入
C関節包による整復路閉鎖
答えA

問57:反復性脱臼の発生頻度が低いのはどれか
@顎関節
A肩甲上腕関節
B膝蓋大腿関節
C距腿関節
答えC

問58:骨折固定の目的で誤っているのはどれか
@骨癒合の促進
A再転位の防止
B患部の高挙安静保持
C関節拘縮の防止
答えC

問59:温熱療法の適応はどれか
@関節拘縮
A急性炎症
B皮膚腫瘍
C感覚障害
答え@

問60:関節の靱帯損傷第1度にみられないのはどれか
@圧痛
A腫脹
B機能障害
C不安定性
答えC

問61:肩甲骨骨折で誤っているのはどれか
@体部の骨折は大きな転位を示す
A直達外力が主要な原因である
B肋骨骨折の合併を考慮する
C腱板損傷と類似の症状を呈する
答え@

問62:鎖骨骨折で誤っているのはどれか
@小児では第三骨片が多発する
A介達外力によって多発する
B大胸筋の牽引で短縮転位する
C整復位固定保持が困難である
答え@

問63:誤っている組合せはどれか
@上腕骨骨幹部骨折―ハンギングキャスト
A外傷性股関節脱臼―コッヘル法
B胸腰椎移行部圧迫骨折―ベーラー法
C頚椎脱臼骨折―ダーメンコルセット
答えC

問64:伸展型モンテギア骨折で誤っているのはどれか
@小児より成人に多くみられる
A橈骨輪状靭帯の損傷を伴う
B橈骨頭は前外方に脱臼する
C橈骨神経麻痺を後遺する
答え@

問65:ガレアッチ(Galeazzi)骨折で誤っているのはどれか
@橈骨は骨幹部で骨折する
A骨折部は掌側へ屈曲する
B遠位橈尺関節が脱臼する
C橈骨神経麻痺が多くみられる
答えC

問66:橈骨骨幹部が円回内筋付着部の遠位で骨折している場合、正しい固定肢位はどれか

答えB

問67:上腕骨顆上伸展型骨折で誤っているのはどれか
@骨折線は前方から後上方に走行する
A肘関節後方脱臼の外観と類似する
B肘関節屈曲70〜80度に固定する
C後遺症に内反肘変形がある
答えB

問68:誤っている組合せはどれか
@ペルテス病―膝蓋骨
A第1ケーラー病―足舟状骨
A第2ケーラー病―第2中足骨
Cキーンベック病―月状骨
答え@

問69
:手の舟状骨骨折で誤っているのはどれか
@手根骨骨折で最も発生頻度が高い
A手関節の橈背屈で痛みは軽減する
Bsnuff box部の圧痛を認める
C阻血性壊死の発生頻度が高い
答えA

問70
:ベンネット骨折で正しいのはどれか
@第1中手骨基底部橈側面の脱臼骨折である
A遠位骨片は大菱形骨と正常な位置関係を保つ
B近位骨片は橈側に転位する
C長母指外転筋によって再転位する
答えC

問71
:中手骨頸部骨折で誤っているのはどれか
@背側凸の屈曲転位を示す
A第4・5中手骨に好発する
B中手指節関節伸展位で整復する
C固定は中手指節関節を屈曲位とする
答えB

問72:中節骨骨幹部が浅指屈筋腱付着部の近位で骨折している場合、最も適切な固定肢位はどれか

答え@

問73:肩関節脱臼の組合せで誤っているのはどれか
@前方脱臼―烏口下脱臼
A後方脱臼―肩峰下脱臼
B下方脱臼―棘下脱臼
C上方脱臼―烏口突起上脱臼
答えB

問74:誤っている組合せはどれか
@肩関節脱臼―上腕骨大結節骨折
A肘関節後方脱臼―肘頭骨折
B股関節中心性脱臼―寛骨臼骨折
C足関節前方脱臼―脛骨前縁部骨折
答えA

問75:月状骨脱臼で正しいのはどれか
@高齢者に好発する
A手関節の過度伸展で発生する
B背側脱臼が多発する
C合併症に橈骨神経損傷がある
答えA

問76:第1中手指節関節脱臼で誤っているのはどれか
@掌側脱臼より背側脱臼が多い
A種子骨が嵌入したものを垂直脱臼という
B水平脱臼の徒手整復は困難である
C掌側脱臼は階段状変形を呈する
答えA

問77:棘上筋損傷の症状で正しいのはどれか
@外転160〜180度の運動時痛
A肩甲骨の挙上不能
Bドロップアーム徴候陽性
C小結節部の限局性圧痛
答えB

問78:指の損傷と症状との組合せで誤っているのはどれか
@正中索断裂―ボタン穴変形
A側副靭帯損傷―スワンネック変形
B深指屈筋腱断裂―DIP関節自動屈曲不能
C終止腱断裂―槌指変形
答えA

問79:図のテスト法で橈骨側方部の疼痛が増強した。該当する腱はどれか

@長母指外転筋腱・短母指伸筋腱
A長橈側手根伸筋―長母指外転筋腱
B短橈側手根伸筋腱・長母指伸筋腱
C長母指伸筋腱・短母指外転筋腱
答え@

問80:腰椎の圧迫骨折の症状はどれか
@間欠性跛行がみられる
A疼痛性側弯が著明である
B腰椎棘突起に著明な叩打痛がある
C下肢伸展挙上テストが強い陽性である
答えB

問81:剥離骨折の部位と関与する筋との組合せで正しいのはどれか
@腸骨稜―大腿二頭筋長頭
A上前腸骨棘―外腹斜筋
B下前腸骨棘―大腿直筋
C坐骨結節―縫工筋
答えB

問82:大腿骨小転子骨折の診断に用いるテストはどれか
@ルドロフテスト(Ludloff test)
Aトーマステスト(Thomas test)
Bニュートンテスト(Newton test)
Cパトリックテスト(Patrick test)
答え@

問83:膝蓋骨に多くみられる骨折型はどれか

答えC

問84:腓骨頭骨折の後で足関節と足指の伸展が障害された。最も考えられる合併症はどれか
@腓腹神経麻痺
A総腓骨神経麻痺
B脛骨神経麻痺
C坐骨神経麻痺
答えA

問85:スポーツ外傷で最も起こりにくいのはどれか
@野球による上腕骨内側上顆炎
Aテニスによる上腕骨外側上顆炎
Bマラソンによる第3中足骨骨幹部疲労骨折
Cスノーボードによる距骨頸部疲労骨折
答えC

問86:膝蓋骨側方脱臼で正しいのはどれか
@高齢者に多発する
A内側脱臼が多発する
B要因にマルアライメントがある
C多くは随意性脱臼に移行する
答えB

問87:距腿関節脱臼の病状で誤っているのはどれか
@外側脱臼は内果が突出してみえる
A内側脱臼は足部が内反位を呈する
B後方脱臼は前足部が短縮してみえる
C前方脱臼は足関節が屈曲位を呈する
答えC

問88:図のトーマステスト(Thomas test)でみられる拘縮はどれか

@左股関節伸展拘縮
A左股関節屈曲拘縮
B右股関節伸展拘縮
C右股関節屈曲拘縮
答えC

問89:膝半月損傷で誤っているのはどれか
@半月の陥頓によってロッキングが起こる
A断裂の程度によって荷重痛が著しい
B関節血腫を生じる
Cラックマンテスト陽性となる
答えC

問90:アキレス腱断裂の好発部位はどれか

@a
Ab
Bc
Cd
答えB

問91:前距腓靭帯損傷時の圧痛点はどれか

@a
Ab
Bc
Cd
答え@

問92:24歳の男性。泥酔状態で転倒し右肩関節の受傷を主訴として来院した。
肩関節前方脱臼と判断しコッヘル法で徒手整復した
。整復感とともに脱臼の固有症状ならびに疼痛は消失したが、
肩関節自動外転力が弱く、図の部位に感覚脱失領域を確認した。
考えられる神経損傷はどれか

@副神経
A腋窩神経
B肩甲背神経
C長胸神経
答えA

問93:5歳の男児。鉄棒から落下して左肘を受傷した。
初診時、左肘の変形、腫脹および異常可動性を確認し、徒手整復操作を数回行った。
その直後、母指と示指の屈曲が不能で、中指の屈曲力も低下していた。
考えられる神経損傷はどれか
@正中神経
A尺骨神経
B筋皮神経
C橈骨神経
答え@

問94:20歳の男性。握りこぶしで板を叩き、手背に腫脹を呈し来院した。
こぶしを握らせると疼痛を訴え、第5中手骨骨頭隆起が消失していた。
骨折と判断して整復を行った。固定肢位はどれか
@MP関節伸展位、IP関節伸展位
AMP関節伸展位、IP関節屈曲位
BMP関節屈曲位、IP関節伸展位
CMP関節屈曲位、IP関節屈曲位
答えC

問95:30歳の男性。長期間にわたり腎透析を受けていたが、
最近になって小さなものをつまみづらくなったと訴えて来院した。
手関節を強く屈曲すると手掌、特に母指側に疼痛としびれ感が増加した。
また、母指球筋に萎縮があり、母指の対立運動が障害されていた。
考えられる障害はどれか
@ギヨン管症候群
A手根管症候群
B短母指外転筋断裂
C母指内転筋拘縮
答えA

問96:40歳の農家の主婦。 ミカンの収穫でハサミを長時間使用した後で 利き手の
母指掌側の中手指節関節付近に母指の屈伸運動時の疼痛とひっかかり感を訴えて来院した。
触診すると掌側第1中手指節関節付近に屈伸運動につれて移動する腫瘤状の膨隆を認めた。
発赤や腫脹は認められず、他指に異常はなかった。最も考えられる障害はどれか
@リウマチ性腱鞘炎
Aド・ケルバン病
B弾発指
C種子骨の骨折
答えB

問97:11歳の男児。身長150cm、体重80kg。3週間前柔道の練習中に払い腰をかけて転倒した。
その後、大腿部から膝部にかけて運動痛が生じ、最近、股関節内旋時に疼痛が著しい。
最も考えられるのはどれか
@大腿骨頭すべり症
A股関節脱臼
B大腿骨頸部骨折
Cペルテス病
答え@

問98:18歳の男子。バスケットボールの練習中に相手の足と交錯して転倒し、
右膝に受傷して起立歩行困難となり、右膝前内側部の圧痛と運動痛を訴えて直ちに来院した。
膝関節の伸展運動に制限があるため、軽度屈曲位で内・外転運動を試みると、
外転運動で側方動揺による不安定性と同時に関節内側裂隙部に激痛が出現した。
さらに膝関節直角位では脛骨の前方への動揺性が認められた。最も考えられる損傷部位はどれか。
なお、図は膝関節の横断模式図である

@1、2、3
A1、2、4
B3、5、6
C4、5、6
答えC

問99:16歳の女子。バスケットボール練習中、右膝関節を外転し内側側副靭帯を損傷した。
膝関節軽度屈曲位で患部に圧迫包帯を行い、
さらに大腿上部から足部までのクラーメル副子固定を施行した。
初期の指導管理事項として誤っているのはどれか
@患側下肢の高挙
Aベッド上の下肢外旋位保持
B足背動脈拍動の確認
C松葉杖による免荷歩行
答えA

問100:30歳の女性。デパートの店員。1年前にスキーによる左下腿骨骨折で保存療法の既往歴がある。就眠時や起床時に異常はないが、最近就労中、時間の経過とともに左足底から足指底部にかけて放散する灼熱痛、圧痛および感覚異常などが出現し、長時間の立位や歩行によって疼痛が増強すると訴えて来院した。足指部に腫脹や浮腫はなく、足関節のROMは正常である。踵骨や足底アーチ部分に異常はないが、第3・4中足骨骨頭足底部付近に微小な腫瘤と圧痛が存在する。最も考えられる疾患はどれか
@足根管症候群
A足底筋膜炎
Bモートン病
C第2ケーラー病
答えB


copyright (c) 2009 よつば整体.COM all right reserved.